<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧




いわき居酒屋 どんなに血迷っても八百長に手を出せない理由があった

若翔洋さん
 大相撲の八百長問題は東日本大震災にまぎれ、ひと握りの八百長力士のクビを切って幕切れになりそうだ。しかし、世間の多くはまだまだ疑わしい力士がいるとみている。さて、話変わって、本日登場の元関脇・若翔洋さんは現役時代、“ポパイ”の愛称で人気だった。今どうしているのか。

「八百長? オレが星の売り買いやってたら、間違いなく大関には昇進してたな。ホント、楽勝だよ。でも、入門したのが初代若乃花親方の二子山部屋だったろ。そう、あの“土俵の鬼”。『カネも名誉もいい女も土俵に埋まってる』のガチンコ相撲の正統派だからね。チンタラと相撲とってたら、後でタップリ可愛がられたもんさ。他の部屋はいざ知らず、八百長なんて想像したことすらなかったね」
 新宿は歌舞伎町のエンターテインメント居酒屋「アントニオ猪木酒場新宿店」で会った若翔洋さん、こう言って182センチ、140キロの体躯(たいく)を揺らした。
「4年前から回転寿司の『平禄寿司』や居酒屋の『とりあえず吾平』『村さ来』とか、全部で23種の外食チェーン、全400店舗を展開する『ジー・テイスト』にお世話になってんだ。最初はJR両国駅東口そばの『相撲茶屋 ちゃんこ江戸沢東京総本店』の店舗マネジャー、その後、去年10月から今年1月まで人形町にある商品部に勤めてね。2月から昭和40年代と猪木さんをテーマにしたこの店の広報マネジャーを任されてるってわけさ」
 グランドメニューや季節限定品、それにイベントやキャンペーンの企画・立案が主な仕事で、その合間に「ちゃんこ江戸沢」のメニュー構成や東京総本店の営業サポートをしているとか。若翔洋さんは相撲界を離れてから目黒で無国籍料理店「Tour de Paon fooding」を4年間経営していた。その経験が生きているようだ。

●「アントニオ猪木酒場新宿店」の広報マネージャー。「売り上げは大幅ダウン。正直、参った、困ってる」
「3月10日に新日本プロレスの役員だった新間寿さんの誕生パーティーを企画してね。当日は200人ちょいのお客さまにご来場いただいて、広報として初めてのビッグイベントを無事に終わらせてホッとしてた翌日に大震災だよ。とたんにお客さまの数は激減し、当然、売り上げも大幅ダウン。正直、これには参った、困ってる。でも、大震災で犠牲になられた方や困難な避難生活を送っておられる方のことを思えば、仕事できるだけでも幸せってもん。猪木さんがいつも言ってる“元気があれば何でもできる”を信じて、カラ元気でもガンバるよ、ハハハ」
 さて、敢闘賞2回、93年夏場所の東張出関脇が最高位だった若翔洋さんは96年11月場所を最後に引退。二子山部屋の部屋付親方「音羽山」として後進の指導にあたるも、00年3月に角界を去った。
「オレ、総合格闘技の現役でもあるんだよ。目黒の店を畳んだ後、K―1の石井和義館長のツテでリングに上がったんだ。ソウルであった初戦は韓国の巨人チェ・ホンマンに負けちゃったけどね」
 K―1以外にHERO’s、IGF、DEEPメガトンなどに参戦している。
「トシがトシだけにキツくはなってる。でも、リングに上がったときの、グワッと体の芯からアドレナリンが湧いてくる感覚がたまらないんだよね。これからはフリーの格闘家として、猪木酒場と二足のワラジでガンバるよ」
 都内のマンション住まいだ。

(日刊ゲンダイ2011年5月23日掲載)

本庄居酒屋

横浜居酒屋

川崎居酒屋
[PR]



by izakaya_iw | 2011-05-29 11:44 | いわき居酒屋

いわき居酒屋 日本料理、中国の大衆店では健在

震災後、中国では日本産の生鮮食品の輸入規制が続いている。だが野菜については正直なところ、北京でみられる影響は少ない。そもそも日本産の野菜が中国の食卓に上ることはまれだからだ。

 では海鮮類はどうか。日本直輸入の魚介類などが売りの高級な日本料理店などでは、やはり打撃は大きいと聞く。日本人駐在員らの歓送迎会などの自粛も、不景気を加速させたようだ。

 だが、夕食時に近所の2軒の日本料理屋をのぞいて、驚いた。日本人が経営する洋食屋は満席。中国人が経営する居酒屋の方も、半分以上席が埋まっている。いずれも中国産食材を使った、大衆店だからだろう。

 原発事故による放射能被害はもちろん中国でも報道されているが、すべての日本料理店が大打撃を受けたわけではないようだ。そもそもここ数年、特に洋食やすしなどは、愛好者の裾野が広がりつつある。味はローカル化しているとはいえ、北京では軽食化したテークアウト専用のすしなども人気だ。スーパーでは、1個3元(約37円)前後で好きな味のものを選んで買うコーナーまで出現している。

 いずれも新鮮な海鮮が決め手の本格的なすしからは、どんどん遠くなっているのは残念だが、そのおかげで風評被害を免れたのだと思うと、何とも不思議な気分だ。(文/林静)

日光宿泊 日光イン

浜岡原発


赤坂居酒屋

赤坂居酒屋

鉄なべ餃子

鉄なべ餃子


会津若松居酒屋

郡山居酒屋

仙台居酒屋

吉祥寺居酒屋

恵比寿居酒屋

宇都宮居酒屋

新宿居酒屋

町田居酒屋

いわき居酒屋

伊勢崎居酒屋

前橋居酒屋

高崎居酒屋

本庄居酒屋

横浜居酒屋

川崎居酒屋

厚木居酒屋


相模原居酒屋

関内居酒屋

藤沢居酒屋

平塚居酒屋

大和居酒屋

上野居酒屋

池袋居酒屋

中野居酒屋

自由が丘居酒屋

目黒居酒屋

下北沢居酒屋
[PR]



by izakaya_iw | 2011-05-23 18:12 | いわき居酒屋

いわき居酒屋 宴会にも“支援の輪”!居酒屋“義援金付き”宴会メニュー登場

先般の震災による計画停電や営業短縮などを余儀なくされている外食産業。多大な影響を受けながらも売上の一部を義援金に回すなど、被災地への取り組みが各店で行われているが、“宴会”でも支援しようという試みが始まっている
全国に54店舗を展開するそば居酒屋チェーンの「高田屋」では、4月4日(月)より「義援金付き特別宴会コース」を提供。天ぷらやしゃぶしゃぶなど、7品の料理が並ぶ4名からのコースで、1人3000円の料金のうち500円が日本赤十字社などの公的機関に寄付される。

「イベントやお花見が自粛傾向にあり、誰もが“楽しむこと”に少なからず罪悪感を抱く中で、同僚や友達と集まって楽しい時間を過ごしつつ、被災地の方の助けになれるようなプランを企画しました」と語るのは、高田屋・広報担当の町田陽介さん。

被災地支援の活動として、食事代の一部を義援金にすることや義援金付きの単品メニューの提供なども検討していた高田屋だが、「友達や同僚と一緒に愉快な気分になれる“宴会”を通じて、より多くの方が楽しみながらご協力いただけると思い、義援金付きの宴会コースを企画しました」(町田さん)という。

また、同社では、他企業などの協力も得ながら被災地での炊き出しを実施。3月20日には茨城県のひたちなか市、同30日には宮城県の石巻市に町田さんら4名のスタッフが出向き、そばやそばがきを無償で提供した。「暖かいおそばを食べて、被災者の方に少しでも元気を取り戻してもらえれば」と語る町田さん。今後も宮城県や福島県を中心に、週1度のペースでこうした活動を続けていく予定だ。

外食産業に広まりつつある被災地支援への取り組み。身近な「食」を通じて、いま私たちにできる一歩を踏み出してみてはいかがだろう。【東京ウォーカー】
[PR]



by izakaya_iw | 2011-05-21 12:34

いわきのおいしい居酒屋
by izakaya_iw

カテゴリ

全体
いわき居酒屋
未分類

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧